失敗しない中古ピアノの選び方

中古ピアノを選ぶ時に失敗しないためには、弾いてみて音や弾きごごちを調べることが大切です。

ピアノを弾き比べる時に注目すべき点

ビアノを弾いた時の音

中古ビアノを選ぶ時に、大切なことは音がどうかということです。自分にあった音や、弾いた時に他の人が聞いてきれいに感じる音を探すためには、色々なピアノを弾き比べることが大切です。実際に弾いてみなければその中古ピアノがどのような音がでるのかがわからないため、弾き比べることは大切なのです。

ピアノを弾いた時の弾き心地

ビアノを弾き比べる時に注意をしなければいけないことは、弾き心地がどういう感じかになります。一番大切なことは、鍵盤の固さや弾き具合など自分に合ったピアノを選ぶことです。色々なピアノを弾いてみて、自分に合った弾き心地が良いピアノを選ぶことがとても大切なのです。

失敗しない選び方を考えよう

演奏

ピアノというものはとても高価なものです。そのため新品のものを購入するのは少し勇気がいりますね。またいろいろなブランドがあるので、どれを選んでいいのかわからないということも多いのではないでしょうか。新しいのを購入して失敗はしたくないと考える場合は、まず中古を購入し、使ってみるのがおすすめです。中古のピアノというと、それを専門に扱うサイトを利用するのが一番です。そのサイトを利用すると、具体的な年式や状態を知ることが出来ます。また色や大きさなども細かく書いてあるでしょう。また同じようなものがたくさんあったとしても、それぞれを比較して中古ピアノを選ぶことが出来るのではないでしょうか。そのため数多く取り扱う業者のサイトをチェックしてみるのがおすすめです。また中古ピアノを利用する目的によっても選び方が異なります。本格的に練習したいという人もいれば、趣味程度にできればいいという人もいます。そのため、利用する目的を考慮して中古ピアノを選ぶことも大切です。

調律がきちんとされているかがポイント

ピアノ修理

中古ピアノでチェックしたいポイントは、これまでの使用してきた期間に調律がきちんとされているかどうかということです。調律というのは、微妙にずれる音階を調整するのです。専門的な調律師が一からチェックしてくれるのです。このような敵的なピアノのお手入れをしてあることによって、購入後も長く使用できるかどうかが決まります。またきちんと調律がされているものは、新品を上回る魅力的な音を出すことだって可能です。本格的にピアノに取り組むにしても、趣味程度で行うようにしても、中古ピアノを購入する際にはその選び方が大切です。そしてその大きなポイントとしては、これまでに調律が行われていたかどうかということに注目することが大切でしょう。